aoka27

7985nyantan members of diet's hiroko526022
roland is the name that Mr. Kadomatsui gave me.
i was borh 1964/2/27... Stewardess from the time I was born. This is the meaning of Western words.・・箪笥にごんi'm jinne lee is play name.. now is nyantan diet in kadoma

記事一覧(39)

愛ちゃん話 Japanese legend

今回劇である時きたら元の自分に戻してくれるは何となく感じてたが当たってきた・・あの人は富山の人間だな・・角松2年生・・中二高2って体力的に充実してたみたい・・徒競走あの子は走ってないイヤだイヤだでうつむいてるのに何故か3位になってるのよ・・小学生の時もビリにならない不思議はあるね・・ビリから2番だよ・・これってボギー賞だよ・・小学生はずーと一番前だったからどうせ中学に入ってもそうだろうと思ってたらいきなり7番目くらいなって私よりちびがいるで驚いたものだ・・家の(=^・^=)はねまぁー韓国の(=^・^=)も子猫って言うか1年くらいたってるみたいに大きかった・・耳は大人してたし毛はうっすらしてたけど・・まず健康診断の注射をしてもらいにいった時に医者にでも歯がないんですよって言ったら医者もじゃー6ヶ月みたいにね・・歯が6ヶ月で抜け替わるを知らなかったから・・あの(=^・^=)には騙されたんだよって言ったらおかしいが・・papaが撮っててくれた・・papaはこの時白黒だったのか??28才くらいに本当に色々な人がいるで人生楽しくなった。mieで又変わった・・(=^・^=)を飼うと思って遊んでやってる時はずこい疲れたものだったコイツみたいになっちゃってその内にね・・ハイハイみたいにmieの絶対は絶対でもう2度としませんになった・・2度としないはずのmieのモジリアニしちゃったよ・・角松さんに見せてやろーって思ったらね・・何もかも大振りになっちゃってあーあーあーって思ったけどでもよくよく見れば可愛いやって・・妹にしてやってもいいって・・これを性別と言うのか異種と言うでしょ・・幼稚園の時のhiroko-chanは映画いいわね・・行きましょだったし。観覧車に乗った時も一瞬誰も見えなくなる瞬間があって取っ手を握りしめたのにpapaが見えた時何故でも楽しいですねぇーって言ってる訳でどこからくるんでしょう・・ああ言う言葉・・mieには自分を見てるようで満足してたんでしょうね・・だからねそう言った意味でも今回劇って負けられなかったの・・その辛抱もなにもかもだよ・・所詮でも可愛いmieを使ってきたけどね・・結果的に良かったの・・そう言う意味では亡くなったその結果mieには私が死んだら諦めてねだったから当然mieが出てくるのかも・・寿命宣告なんて聞きたくないだったけど120才で( ´艸`)・・バクテリアでもその死でいいよだよ・・まだまだ長いみたいに動きだしてるし昨日みっちゃんのとこに行って第2弾でも今度は縁在りでいくで新鮮だったね・・ブルーレイですがDVDにも出来ます。お友達目黒のpotに写真集置いてあります。心温まる空間で美味しいコーヒーでもいかがですか・・目黒下目黒1丁目店ローソン隣です。

韓国の(=^・^=)卒業論文

19世紀に語られ20世紀には語られななった、幸福論の見直し或は薦めを現代と置くならば、大勢の人がいるはずだ。脱原発巡って幸福主義で語られだしたのが今の社会だと思う。が然し、この問題は裕福層が大多数な場合に功利主義として語られ、弱者即ち低所得者には払いきれない電気代だと思う。社会的には幸福論が語られるは倫理学的に善である行為である。善行のおこないをしている人のことであり自足した善である、社会全体がその様に動き出しているのかもしれない。これで初めて多様性を訴えた厚生省の年金受給日を70才とか言えるわけで、資本主義としての金利が得られなければ働けなくてはならない。幸福とはいかなる場合にもけっして多くのもののために追及されることのないもの、つねにそれ自身として他のもののゆえに望ましくあることのないようなもである。つまり天下り悪を是とした場合。然し人間はポリス的動物であるから共同体のなかでそれぞれ規定されるものである。それはひとびとがけっして単独で生きるものではなく、家族や友人や隣人たちとの共同生活のなかにある。人間には社会のなかにあってある相互依存等の固有の持ち分とでもいうべきものがあり、それを着実に果たすなか、幸福のかたちがある。これが脱原発の発想におもえる安全性の問題で人々は幸福と感じるのではないのか・・だから、現代、功利の原点は行為そのものの邪悪を決定するための原理ではなく、行為を規制する一定の社会規範か正しいかどうかを判定するための基準であり、行為は規範に従い規範は功利の原理に従うというのが功利主義の精神である。封建政治の、城主が参勤交代に従った後、明治憲法が驚かられたなら、日本人は一種本当に平等性が出来ると言う・・・それが実際に満州で同盟に参加せず一国主義的な行為日本の大国です。に至る訳なんだから恐れられたんじゃないかしら??そのことからも大多数が必ずしも正しいとは限らないと言うこと......少数派でしか動けない...真実..平和憲法は本当は理想です。出来るだけ近づけないかしら⁈然しなから同じ過ちは人はしたがらない、懲りるのです。歴史と進化です。post vista 30 cen.ベースを作って沿っていく。核兵器が無かった時代は終わった...世界戦争はあり得ないと、誰もが危惧するはずでしょう。一つに侵略戦争はしてはならないです。野蛮人になってしまう。その為に憲法があるのです。國際憲章の加盟国は多いいです。日本は一国主義言わなくなった、私はお互いに戦争をしないと約束し合っているEUみたいな組織が欲しい。時代が違うも、ときとして恐ろしく思う。日本国憲法は理想の完璧な憲法です。利権でcash diggerも又生き残りに思える...100年に一度と言われた世界恐慌だったは耳に新しい...民主主義でも世界共通なのか⁈..中国も民主主義⁈...それだからして、それ故に最大多数の最大幸福を掲げる功利主義が現在もっとも多くのひとを説得しうる穏当な原理であるとともに、民主主義との結合のなかできわめて多くの問題点をかかえこむことになったといもいえる。このことは集団的自衛権の問題でも言える社会現象だとおもう。原発が安全である神話が崩れたのだから、脱原発を生命の危機と捉え、代替品を考えない以上は幸福論は見直されない。全体的に裕福になっているのでしょう。ただ、ドイツの例を見ると安値な石炭たん石が自然エネルギーを推奨したために赤字になっていると言うジレンマが起こっているらしい。その例でも省エネ商品の充実が必要となるのではないかしら・・自分は不幸であるとは言えない・・皆に助けられてここまできているのだから・・見捨てられたくないと強く思う9年間になった。冷泉彰彦著核兵器廃絶のために、日本は理想と現実の両方を主張すればいい2017年08月08日(火)16時30分1757核兵器廃絶のために、日本は理想と現実の両方を主張すればいい日本政府は「安全保障上の現実論に立つ」と説明しているが Issei Kato-REUTERS<現実にはアメリカの「核の傘」に守られているという理由から、日本は国連の核兵器禁止条約に反対しているが、そのような論理的総合性に意味はあるのか?>7月7日に国連の本会議で核兵器禁止条約が採択されました。これを受けて、核保有国である米英仏の各国は、条約に加盟しない方針を明らかにしています。日本政府の立場も同様で、時事通信の報道によれば別所浩郎国連大使は記者団の取材を受けて、現状で条約に「署名することはない」と強調したそうです。広告inRead invented by Teads一方で日本は、過去長い間ずっと国連の本会議に対して「核兵器廃絶決議案」を提出し続けていました。また、「非核三原則」を国是として堅持していることも含めて、日本という国が国是として核戦争に反対していることは明らかです。そうなのですが、この核禁止条約に関しては、これまで日本は一貫して「反対」して来ました。そのために、日本国内ではまるで現在の政府が核廃絶に消極的であるかのような印象が広がり、そうした政府の姿勢を批判する動きも続いています。どうして日本政府が核禁止条約に反対しているのか、分かりにくいことは確かです。【参考記事】北朝鮮の核開発を支える中朝貿易の闇これまでの政府の言い方を総合すると、3つの理由があるようです。まず1つ目には、核禁止条約は「国際的な安全保障環境の現実を無視している」という主張が背景にあると考えられます。具体的には、日本政府としては「核兵器の非人間性を訴える」という点と、「安全保障の上は現実論に立つ」という点の「両方を踏まえてきた」という発言が繰り返されています。つまり、唯一の被爆国だから、核兵器の恐ろしさを発信する役割を感じているが、同時に核の傘に入って防衛をするという現実も踏まえて考えているというのです。ですが、核禁止条約は後者、つまり安全保障の現実を踏まえていないから反対ということのようです。2点目として、以前から日本政府が指摘しているのは、日本は「核保有国と、非保有国の双方が協力して取り組めるものしか参加しない」というのを基本方針にしているということです。確かにこれはNPT体制、つまり1970年にスタートした「核拡散防止条約」の原点であり、そのNPT体制の創設に努力した日本とすれば、譲れない点なのだと思います。この点からすれば、あらゆる核の使用を非合法化して、現在の保有国に廃棄を迫る核禁止条約には参加できないということのようです。3点目としては、北朝鮮危機のように現在進行形である核拡散問題については、日本は、理念だけでなく実際に経済制裁や関係諸国の協議を通じて問題の解決に取り組んでいるのに対して、核禁止条約はこうした具体的な拡散防止策には役に立たないという理由です。以上の3つがいわば外交のタテマエであるならば、その奥のホンネの部分には、現在の日本は、核の傘に入っているのだから、報復核攻撃を合法化しておかないと、核の傘は有効にならないという考え方があると考えられます。そんなわけで、核禁止条約には入らないというのですが、どうも、この姿勢はバカ正直というもので、そんな論理的整合性に意味があるのかどうか疑わしいように思われます。核の潜在的攻撃目標にされているのは残念ながら事実なのですから、それに対して物理的には傘で備え、法律的には核禁止条約で反対しということを通じて、二重の備えをするという発想法は取れないものでしょうか?つまり、理想論と現実論の両方が入っている条約しか入らないというのではなく、日本が理想論の条約と現実論の条約や措置などに二重に参加してしまえば、同じように「ダブルの備え」になるのではないかということです。【参考記事】北の最高指導者が暗殺されない理由また、核不拡散への取り組みについて、確かに日本は大国つまり核保有国主導の北朝鮮対策などに参加してきています。ですが、この際ですから、これに加えて、同時に「非保有国としての核不拡散の取り組み」のリーダーシップを取ってみてはどうでしょう?「核保有国と非保有国が一緒に参加できる枠組み」でないと参加しないなどという「潔癖な」考え方ではなく、発想を少し変えて、保有国主導の不拡散の行動にも参加するが、非保有国主導の不拡散の行動もリードするという動きを日本がやってしまうというのは、できないものでしょうか?これまで日本国内では、政府が核禁止条約に反対し、被爆者をはじめとする被爆地の人々がそれに対して怒るという対立をずっと続けてきたわけですが、このような対立は不毛でしかありません。 以上日本は核の傘下にあれば安心も転換期かもしれない。どうせ正すのだったら日本は被爆国なのだから核放棄、そう言うとこから正すのが筋じゃないだろうか・・もう広島長崎だけの問題じゃないと思う。